ジョン メイオール。 ジョン・メイオールとエリック・クラプトン、「ハイダウェイ」40年近く経って更に艶めく王道ブルース

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ 2

詳しい品質基準は。 セヴン・デイズ・トゥー・ロング 12. : Simply Outstanding: Live at The Fillmore West '68 Vintage Masters VMCDR-107 [ Wolfgang's Vaultに同じ]• このセッションの間中、歴史は繰り返すと感じていたのは、俺一人ではなかったはずだよ」とも語っている。 () 2004年死去• その年の4月17日には、ジョン・メイオールは、アルバム『Back To The Roots』で全米チャート入りを果たす、このアルバムには、 やミック・テイラーらが一時的にゲスト・ギタリストとして、グループに戻ることになった。 7-10月] 英9位• こんにちは。 パーチマン・ファーム(ライヴ) 9. 2 1968年• なので音質は劣悪なのですが、 逆にそれが生々しい良さになっていて、 まさにジョン・メイオールの狙い通りに なっているのではないかと思います。

Next

ジョン・メイオールとは

クラプトンは1965年4月、最初のアルバムがリリースされてわずか数ヶ月後に加入した。 ジョン(・メイオール)は、後に有能なスカウターと評じられましたが、しっかり見つけましたね。 org. -1967. 自らはラジオ向きのヒット曲を制作しなかったものの、最大の功績は英国のロック&ブルースミュージシャンの牽引役となったことである。 ドライヴィン・オン 5. しかしよく聴けば、負けず劣らずの好盤であり、英国発のブルース・ロックのうねりはジョン・メイオールを軸にこの時点においてもまだまだ展開し続けていたことがよくわかる。 ): Peter Green, John McVie, Mickey Waller〜 Mick Fleetwood drms. Discogs. 2003年には、メイオールの70歳コンサート( )のためにエリック・クラプトン、ミック・テイラー、 ()のバンドが再結成された(同コンサートは後にCDとDVDでリリースされた)。 05 こんにちは、 いや~、早いもので今年も折り返し地点を過ぎましたね。

Next

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ/ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ ウィズ エリック クラプトン〈モノ&ステレオ+19 デラックス・エディション〉【輸入盤国内仕様/一部モノラル】

尚、この時期に発売されたメイオールと Bluesbreakers の忘れ形見の様なアルバム 『 LOOKING BACK 』(1969年) は1964年から69年にかけてのシングルを集めたものですが(ブルースのシングル盤というのは、今考えると 何やら恐ろしいものがありますね) Bluesbreakers の歴史を振り返るという意味でもあり、 重要な一枚であります。 高校同級生の塩次君は今なおプロのブルース・ギタリストである。 アンディ・フレイザー 、 ジョン・ハイズマン 、 コリン・アレン... etc 、また機会がありましたら探索したいですね。 ちょっと強引ですけどね・・・ 前にも述べたようにブルースには その奥底に悲哀を秘めておりまして、あえてその部分を取り除く或いは置き去ると言う事は、ギターにたとえると、セブンスはやめておいて、メジャーのみで 突っ走るという・・・とりあえず微妙な1音は隠してしまう訳です。 A Banquet in Blues 1976年• 『スリー・フォー・ザ・ロード』 - Three for the Road 2018年 脚注 [編集 ]• Written By Paul Sexton• 「ザ・スタンブル」では、後に自身のバンドで全面的に披露することになるギター演奏が全開で、これだけ単独で聴けば、初期フリートウッド・マックの曲かと思ってしまうような仕上がりである(さらに、8. フェア• Taira! ジャンルでさがす• 『ブルース・フォー・ザ・ロスト・デイズ』 - Blues for the Lost Days 1997年• 2017: Talk About That Forty Below, recorded Fall 2016 DVD [ ]•。

Next

<洋楽専科・夜明けの口笛吹き> 特選コラム: ブルースから逃れて ―ジョン・メイオール

(昔はゆるかったかも). イントロ(ライヴ) 15. メモ: Clapton はギリシャから帰国。 『ブルース・バンドの日記 VOL. クラプトンも「驚くべき事に・・・」と述べていますが、ジョン・メイオールは、メンバーの飲酒を認めてはいませんでした。 1』 - The Diary of a Band, Vol. お届け地域によって時間帯指定できない場合があります。 2016: Live At Jazz Fest 2016 New Orleans, April 24 Munck Music• Bluesbreakers に学び、後に The Rolling Stones のギタリストになった彼は 、泥臭く、黒のイメージともいわれた初期のストーンズにぴったりフィット。 当然、 Fleetwood Mac はブリティッシュ・ブルースシーンの一翼を担うこととなります。 『アロング・フォー・ザ・ライド』 - Along for the Ride 2001年• ): Bernie Watson, John McVie, Martin Hart drms. [ 全英 27 ・ 28 位/ライヴ音源 ] メモ: McVie は Fleetwood Mac 加入のため脱退、 1 ヶ月間 Paul Williams (元 Zoot Money のバンド、後に Juicy Lucy )、次いで約 4 ヶ月間 Keith Tillman 、そして約 6 週間 Andy Fraser (後に Free )がベースを担当。 このサイトに参加させてもらってます「メロー」です。

Next

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ 『ア・ハード・ロード(A Hard Road)』

例えば「予約商品」と本商品を一緒に注文されますと、本商品も「予約商品の発売日」に合わせて一括のお届けとなります。 19 目次 1. 1995: Silvertone• この頃「 CLAPTON IS GOD 」の落書きがロンドンの街中に出現し始め、すでに天才ギタリストと呼ばれていた彼ですが、このアルバムから本格的にブルースの道を歩むことになります。 ジョン・メイオールと彼のバンドが1964年5月にリリースした最初のシングルは「」で、そのB面 が「Mr. The Super-natural 12. 11月]• オールド・タイム・ブルース 11. 1969: Polydor [ライブ] 英11位• Stories 2002年• 10 February 1910. ハーヴェイ・マンデルは数年後自身のザ・ローリング・ストーンズとのコネクションで、1976年のアルバム『Black and Blue』の「Hot Stuff」と「Memory Motel」にリード・ギタリストとして参加した。 ロックにせよ躍動や感動、何かを他人に伝えたい・・・それには心の叫びをストレートにリズムに乗せて歌う ブルースを模倣する事は手段としては、まさにうってつけであったかも知れません。 『ジョン・メイオール・プレイズ・ジョン・メイオール』 - John Mayall Plays John Mayall 1965年• 1965. 海外マガジン• James" Decca F-11900• ブルー・ミッチェル(tp)が参加していて、 よりジャズっぽさが感じられる内容になっています。 2』 - The Diary of a Band, Vol. Dust My Blues 9. Akihiko Taira Presents... Live at the Marquee 1969 1999年• 2019. 第十一期 Bluesbreakers 時代の彼のいい仕事 『 CRUSADE 』 (1967年)は、そのうねりのあるサウンドで、その後の活躍を納得させるものです。

Next

<洋楽専科・夜明けの口笛吹き> 特選コラム: ブルースから逃れて ―ジョン・メイオール

『スピニング・コイン』 - Spinning Coin 1995年• ブロードキャスターのピーター・バラカン氏が以前に「 ジョン・メイオール&エリック・クラプトンの意味を理解しないと、クラプトンの成し遂げた凄さは分からない 」と言っていたそうですが、お互いに多大な影響を与えあう時期がここから始まったのだと思います。 -1965. Tough 2009年• その後1966年8月、メイオールとクラプトンはシングル「Lonely Years」をB面「Bernard Jenkins」(これはPurdah Recordsにより発売された ) と共にリリースした。 しかし『Back To The Roots』は単にノスタルジアに浸るための作品ではない。 In the Palace of the King 2007年• しかも、この失敗がもとで、折角契約していたレコード会社( Decca )からも見捨てられてしまうんです。 マニアというのは、何処にでもいるもんです。

Next

クラプトンとミック・テイラーがブルースブレイカーズに復帰したジョン・メイオール1971年のアルバム『Back To The Roots』

): Mick Taylor, Steve Thompson bss. No More Interviews 1980年• ・・・ジャック・ブルース すでにピンときた方も多いでしょう。 具体名を挙げると、ブルースブレイカーズには、と(彼らは後の)、、 と(彼らはに加入する)、(彼はに加入)、(彼は に加入)、その他数多くのミュージシャンが在籍していた。 何しろリズム隊が Bluesbreakers 創立以来のジョン・マクヴィと第十期にドラムを勤めた ミック・フリートウッドですから。 ジョン・メイオールのように、彼のバンドと彼の有名な友人たちは、ブルースのメッセージを幅広く広めることとなった。 2004年には、 ()、ジョー・ユエレ、 ()、トム・カニングを含む顔ぶれが、ミック・テイラー(ゲストのミュージシャン)と共に英国内をツアーで回った。 2020. ジャンルでさがす• 1992: British Blues Editions Atlas• Green が正式に加入。

Next