徳島 大学 病院 整形 外科。 徳島県徳島市の整形外科一覧

整形外科トップページ

その他、詳細は徳島大学病院HPをご覧ください。 申請書• 国府町西矢野 0• 整形外科の疾患は、脊推・脊髄・関節・骨・末梢神経などと領域が幅広く、椎間板ヘルニア・変形性脊椎症・変形性関節症・関節リウマチなどの病気を含み、肩こり・腰痛・手足の痛み・しびれ・関節の腫れや痛みなど多様な症状を呈します。 1988年 徳島大学医学部医学科卒業• 感染拡大防止のため、何卒ご了承ください。 特に、スポーツをしているお子さんでオスグット・シュラッター病や腰椎分離症・すべり症を発症される方は、股関節の柔軟性の乏しいお子さんが多く、予防・治療の両面からこのストレッチを推奨しています。 2002年 徳島大学医学部 卒業• 認定資格 整形外科専門医 外科 医長 大畑 誠二 徳島大学 平成3年• 専門領域 脳神経内科• 小児形成外科分野指導医• 春日町 0• 2005年 徳島大学医学部附属病院形成外科• 新浜本町 0• 国府町池尻 0• そのため、患者様の症例データの日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)への登録にご協力ください。 2010年 徳島大学病院 形成外科・美容外科 (医員)• 今後ともよろしくお願い申し上げます。 国府町観音寺 0• 当院では、かかりつけ医からの紹介患者様を中心に診療を行っています。

Next

徳島大学病院整形外科医 7月の診察日のお知らせ

認定資格 神経内科専門医 内科学会認定医 医師 乾 俊夫 徳島大学 昭和51年• 上助任町 0• 1995年 日本形成外科学会 認定医(専門医)• 佐古七番町 0• 北佐古二番町 0• 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会• 佐古五番町 0• ・院内では待合席を離して設置しております。 専門領域 一般内科• 日常生活でよく使う骨盤を前に倒す動き… これを制御しているのがハムストリングスです。 国府町桜間 0• 専門領域 小児科 リハビリテーション科 外科系 診療部長 髙田 信二郎 徳島大学 徳島大学 大学院 昭和61年 平成2年• 特に、スポーツ医学においては、 脊椎スポーツと関節スポーツを同時に研修できる国内でも数少ない施設の一つです。 徳島大学整形外科は、運動器の主な分野についてそれぞれの専門医が診療する体制をとっております。 現在の治療について、今後の方針の見通しなど、ゆっくりと時間を とって診察する場を提供いたします。 認定資格 小児科専門医 医師 近藤 梨恵子 久留米大学 平成18年• 大谷町 0• 松浦医師はこれまで1,000例近くの診療に携わってきた経験をもとに、的確な診断・治療を行っている。

Next

整形外科トップページ

専門領域 一般内科、消化器• 2000年 徳島大学医学部附属病院形成外科• 当院受診までにMRIを撮影して持ってきていただければ受診の回数も減らすことができ、患者さんの負担も減ります。 加茂名町 0• 特に、プロやトップアマのスポーツ選手の治療経験を豊富にお持ち でアスリート達の間では名医として有名であり、多くのプロスポー ツ選手が、はるばる西良先生の勤務されている徳島大学病院まで訪 れて受診されています。 認定資格 神経内科専門医 内科学会認定医 神経学会指導医 認知症学会専門医 認知症学会指導医 小児科 医長 宮﨑 達志 徳島大学 平成9年• 日本手外科学会• 国府町西黒田 0• そのハムストリングスが硬くなると骨盤が前方に倒れなくなります。 認定資格 総合内科専門医 消化器病専門医 消化器内視鏡専門医 徳島県医師会糖尿病認定医 人間ドック認定医 人間ドック専門医 人間ドック指導医 人間ドック健診情報管理指導士 労働衛生コンサルタント 徳島県医師会腎疾患二次検診認定医 医師 足立 克仁 徳島大学 昭和50年• 皮膚腫瘍外科指導専門医 専門分野 形成外科一般,小児先天異常(唇顎口蓋裂,小耳症)、血管腫・血管奇形(レーザー治療) 経歴• 診療がスムーズにできる 3. 応神町東貞方 0• 整形外科では「骨・関節・靭帯・筋肉・脊椎・脊髄・末梢神経などの運動器官」の疾患や外傷を治療しています。 国府町和田 0• 2005年 鳴門病院 勤務 (初期研修医)• 主治医に診断や治療方針の説明を受け、いくつか治療方針を提示さ れたがどうしたらいいか悩んでいる方、他の治療法がないのか考え ている方、是非当院の特別外来をご活用ください。 日本熱傷学会(評議員)• その後、四代目・安井夏生教授が、小児整形・基礎医学を導入し、教室はさらに進化・発展しました。

Next

感覚・皮膚・運動機能科 整形外科

庄町 0• 日本褥瘡学会認定褥瘡医師• 専門領域 脳神経内科• 骨盤が前に倒れないと、、 腰・膝・足などがその分、頑張りますが、 元々動きが小さな関節達なので負担となってきます。 また、少年野球・少年サッカーなど、スポーツの低年齢化に伴い、子供たちの運動器の外傷・障害も増加している現状です。 徳島県西部地区は全国的に見ても高齢化が進んでおり、運動器疾患の治療は社会的にも重要性が増しています。 日本創傷外科学会専門医• 2012年 東京大学医学部形成外科(特別研究学生)• 雑賀町 0• 認定資格 総合内科専門医 糖尿病協会登録医 人間ドック健診情報管理指導士 医長 柏木 節子 徳島大学 平成1年• そんな時に役に立つのが、人気の鍼灸院で実際に行われている腰痛ストレッチ体操です。 脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、すべり症といった背骨の病気については、日本整形外科学会の下部組織の「日本脊椎脊髄病学会」が認定した 脊椎脊髄外科指導医又は、日本脳神経外科学会の下部組織の「日本脊髄外科学会」が認定した 脊髄指導医&認定医を治療・手術に充分な知識をもつ 名医といってよいのではないでしょうか。

Next

外来診療日・受付時間一覧

西良先生は、スポーツ医学と脊椎外科をご専門とされ、鋭い診断力 と身体に負担の少ない治療法に定評があります。 新南福島 0• 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会責任医師 【所属学会等】• 健康診断書 選考方法• 国府町井戸 0• 方上町 0• 当科は病院内でも手術件数が多く、12月までで担当患者数は200人を超えて経験することができました。 。 新しい知見、新しい治療法・手術療法など内外へ発信すべく一致団結し、邁進いたしております。 専門領域 整形外科・リハビリテーション科• 日本形成外科学会専門医• 2016年 徳島大学病院 形成外科・美容外科 【専門医・認定医】• 日本形成外科学会専門医 専門分野 難治性潰瘍、熱傷、リンパ浮腫、血管腫・血管奇形. 日本再生医療学会• まさに、子供から高齢者まですべての年齢層でニーズの高い診療科であります。

Next

徳島県徳島市の整形外科一覧

日常生活に支障を感じない健康な生活を送っていただくためにお手伝いさせていただきます。 皮膚腫瘍外科指導専門医• 日本頭頚部癌学会 専門分野 皮膚悪性腫瘍,難治性潰瘍,糖尿病性壊疽,マイクロサージャリー,四肢先天異常 経歴• 日本形成外科学会手術手技学会(理事)• 小児形成外科分野指導医 【所属学会等】• 徳島大学病院を初めて受診される場合は、原則「紹介状(診療情報提供書)」及び「かかりつけ病院からのFAX診療予約」が必要となります。 2008年 徳島大学大学院准教授• 骨折などの外傷は関連病院がメインとなります。 2014年 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部形成外科学助教• それを機に斎藤整形外科を全面改装し平成26年1月6日より入院医療を再開しています。 日本マイクロサージャリー学会(評議員)• 日本創傷外科学会(キズ・キズ跡治療キャンペーンWG委員)• 診療科 職名 氏名 卒業大学 卒業年次 専門領域・認定資格 内科 内科系 診療部長 木村 成昭 徳島大学 昭和57年• 2004年 高知赤十字病院(初期研修医)• 国公立大で初の人工膝関節へのロボット導入、 ピラティス導入、医療被曝の研究など当科にはオリジナリティが多くあります。

Next

【腰痛特別外来新設のご案内】徳島大学整形外科 教授 西良浩一先生

地方での地域医療研修に加え、関東という都会での研修を希望される場合、前任地の帝京大学溝口病院とは現在も密接な関係(現在、客員教授)であり、同大学での研修も可能です。 海外から何人も留学に来られており、私たちも1週間程度の海外研修の機会があります。 認定資格 総合内科専門医 消化器病専門医 消化器内視鏡学会専門医 医長 齋籐 美穂 徳島大学 昭和62年• 国府町川原田 0• 国府町矢野 0• 日本形成外科学会専門医• 我々の扱う領域は、脊椎疾患、スポーツ医学、関節疾患、腫瘍、小児整形外科、外傷、手外科、足外科、リハビリテーションなど広い分野にまたがります。 *体外衝撃波疼痛治療装置を導入しました。 全国に前者は1400名程、後者は300名程と少ないのが現状です。 藍場町 0• 今後、これまでの徳島大学の基盤に加え、私が関東という激戦区で培った経験をブレンドし、新しい風を吹き込むつもりであります。

Next