スターチス。 スターチスとは

スターチスとは

次は、 スターチスのかかりうる病気や害虫の対策法をお伝えします! スターチスのかかりうる病気や害虫の対策方法は? スターチスがかかる病気としては、「 立枯病」があります。 根が十分に張っていないと、スターチスの株全体が持ち上がって、生長が止まる可能性もあります。 引用したような、スターチスだけのリースもキレイですね。 気をつけるべき害虫はアブラムシですが、風通しを良くすることで防げます。 しおれるという概念がないくらい、平然と姿を変えず、そのままドライになっていたりします。 ハンギング法と呼ばれる、吊るして乾燥させる手法の1つで、冷蔵庫や乾燥機以外にも、風通しよい場所に吊るすと乾燥が早まり、花色が落ちるのを防ぎます。 秋や春に苗が園芸店で売られていますので、これを植えつけると栽培が簡単です。

Next

【切花図鑑】スターチス|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方|切花情報サイト/ハナラボノート

生花だけでなく、ドライフラワーとしても使えることから、高いニーズがあります。 リモニウム・ラティフォリウム ベリディフォリウム種とともに「宿根草スターチス」として流通しており、青い花を咲かせます。 植え場所・置き場所 花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。 寒さで葉が傷みますが、春になると新しい葉が伸びてきます。 最後に、 スターチスの種類をお伝えします! スターチスの種類や品種は何があるの? スターチスの種類としては、一、二年草である シヌアツム種、多年草である ベリディフォリウム種や ティフォリウム種、などがあります。

Next

スターチス|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

花の大きさが違うので、組み合わせてリースやスワッグにしてみても良いですね。 なお、スターチスは多年草ではありますが、短命なため一年草として扱うほうが育てやすいでしょう。 スターチスの正しい育て方 種から育てる方法 スターチスの開花時期でも触れましたが、種まきは1年草のタイプが 9月中旬から10月上旬、宿根草タイプが 5月から6月が蒔き時です。 紫のスターチスの花言葉は 「しとやか」「上品」です。 多年草として扱われるものには、ベリディフォリウム種(L. まず、 スターチス全般の花言葉は、 「変わらぬ心」 「途絶えぬ記憶」です。 latifolium)があり、苗やタネで流通し、宿根スターチスと呼ばれることもあります。

Next

スターチスとは

スターチスの豆知識いろいろ。 スターチスの管理 ~作型~ [2020. スターチスには、一年草のもの、多年草のものがあります。 本葉が2~3枚になったら、生育のよい苗だけを育苗ポットに1つずつ植え替える 5. 与える肥料については、特にチッ素分の多い肥料を与えてしまうと、葉だけが茂って花つきが悪くなります。 切花のスターチス、まとめ。 切り花やドライフラワーができる。 latifolium ルーマニア、ブルガリアなどに自生し、シーラベンダーとも呼ばれます。

Next

宿根スターチス|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

しかし、当地は露地中心の産地なので、直売所への出荷は数か月しかなく、直売所で一年中販売することは望むべくもありません。 耐寒性・耐暑性 耐寒性 強い 耐暑性 比較的強い 一年草のスターチスと比較すると耐寒性、耐暑性があり宿根します。 秋や春に苗が園芸店やホームセンターなどで売られていますので、これを買って鉢やプランターに植えつければで簡単に楽しめます。 宿根スターチスは特に過湿に弱く乾燥に強いので、乾かし気味に管理しましょう。 そこでほぼ一年、毎月種を播いてより長く収穫できる播種適期を調査したので、その結果をお知らせします。 他の花が保ちにくい夏にも丈夫に長持ちするので、夏によく見かける印象です。 今回は、代表品種についていくつかご紹介します。

Next

宿根スターチス|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

少し高畝にして植えるようにします。 種まきのやり方は、もう一度上を見てみましょう。 【宿根スターチスの概要】 草丈 40〜50cmほどになります。 主な作業 枯れ葉取り:11月から7月の間、枯れ葉を放置すると病原菌が繁殖し、株を枯らしてしまいます。 そして追肥として、3月頃に液体肥料等を施してください。

Next

スターチス|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

また、水や肥料を与えすぎると茎が伸びすぎて見栄えも悪くなってしまうので、梅雨の時期は屋内や軒下で雨をしのぎましょう。 紫がメインだけど、カラフルな品種もかわいい。 特に、3〜4月あたりの蕾が付く時期は、乾かし気味を意識してください。 60cmの標準のプランターの場合は、2〜3株が目安です。 ハイブリッドスターチスを大きく分けるとさらに2つの系統があります。 支柱立て:4月から6月の間、花茎が倒れないように支柱を立てましょう。

Next