ご 検討 いただけ ます と 幸い です。 幸いですの意味・敬語表現・ビジネスシーンでの使い方

ご検討いただければ幸いですの意味は?類語や英語・ビジネスメール例も

自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 【幸い】って、なにが?とか、あなたの幸いに私が貢献しないといけないの?とか、つい余計なことを考えてしまうんですよ。 相手方に何かを提案た後や商談後など、相手に検討してほしいという場合に「 検討してもらえたら嬉しいです」という意味で使用される結び言葉です。 どれも丁寧であり使い分けの必要はない これまで見てきたように、どの敬語もこのうえなく丁寧なフレーズです。 「いただけますでしょうか」や「いらっしゃいますでしょうか」などはよく使われているフレーズで違和感を覚えない人が多くいますが、日本語の使い方としては間違っているため注意しましょう。 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は、「〜のほど」を使用することで 相手に強制することなく、柔らかいイメージで相手に検討することをお願いすることができる言い回しです。

Next

「幸いです」とは?意味と使い方

「教えていただけますか?」 が一番です。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 謙譲語とは自分がへりくだることによって相手を立てるための敬語表現のことです。 相手に頼む場合は「お送りください。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 最後に時代の最先端をいくと言われているIT業界の記事を紹介します。 目上の方がしたことについて敬語で表現するときに使います。

Next

「ご検討いただけましたら幸いです」意味と使い方・メール例文

「くださいませ」は、 ・「ください」=補助動詞「くださる」の連用形「くださり」がイ音便に変化した形 ・「ませ」=丁寧の助動詞「ます」の命令形 で成り立っている言葉です。 イベントや出演などの告知を出すときに 再開は9月頃の予定です。 お忙しいところ恐縮ですが、ご連絡を心からお待ちしております。 辞書によると「検討」の類語は無数にあり、ピックアップすると、吟味、考査、思慮、考慮、考えるなどになります。 「ご検討くださいませ」はややカジュアル 例文 「本日、新商品のサンプルを送付させていただきました。 補助動詞 「〜いただく」は「〜してもらう」の謙譲語 「ご〜いただく」という形をまとめて、一つの謙譲表現だとする解釈が一般的です。 ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。

Next

お願いのフレーズ

使うときは相手に丁寧にお願いをするとき 「幸いです」は上記で説明した通りの嬉しいという意味になりますので、「幸甚(こうじん)」についての説明をしていきたいと思います。 また、消極的な姿勢で勧める表現として、考えてみて下さい、検討してみて下さいなどがあげられています。 こちらではいつもお世話になっております。 ご検討のほどよろしくお願いいたしますという表現は単純に「考えてください」という意味で伝えるケースもあれば、「こちらのお願いをどうか聞き入れてくださるようお願いします」といった意味合いが含まれるケースもあります。 「ご思案」は、「思案」という言葉に「ご」をつけた丁寧な言葉です。 仮定法のため、「would」「could」が使われています。 ですが、「よろしくご検討ください」は、たくさんの人が使って大まかな意味を共有しているために、実際は意味が通じていることが多いのでしょう。

Next

英語ビジネスメールの末文!「ご検討いただければ幸いです」等の例文 [ビジネス英会話] All About

つまり、類語が多いということは、「検討」という言葉が持つ意味合いの幅が広いということでしょう。 そして、質問者様が「敬語」を学ぶ理由はどこにあるのかが分らない、ということもあります。 上記と同様に「もらう」の謙譲語「いただく」と、可能形「〜できる」の「〜ける・れる」が付いた形で「いただけ」となり、さらにプラスして「ます」という文になります。 丁寧語は、目上の人にも使用できる言葉ですが、「ご検討」は 「ご検討」のみで使用することはありません。 ビジネスメールは意味を正しく伝える必要がありますので、丁寧な言葉遣いをしようとしすぎてこのような言い方をしてしまっていては本末転倒です。

Next

「いただけます」と「いただきます」の違いは?敬語としての使い方

質問に対する回答を差し上げた場合に「回答は以上となります」といった終わり方をすると、少しそっけないと感じるような場合に「ご検討いただければ幸いです」と伝えることで、柔らかい雰囲気で会話やメールを終わらせることができるため、深い意味を込めないで使われるケースも見受けられます。 よろしければ、以下候補のいずれかでお時間を頂ければと存じますが、ご都合のほどいかがでしょうか。 直訳すると「仮に〜してくれたら、それは感謝されます」となります。 お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご検討〜」 「大変お手数ではございますがご検討〜」• ————— メール署名 ————— 【ビジネス・社外取引先】 社外の相手に打合せ依頼をし、候補日を「今月のどこかで」「今週のどこかで」などとザックリ連絡するビジネスメール例文。 「ご検討」のビジネスメールで使える言い回し・例文 依頼する時は「ご検討のほどよろしくお願いいたします」 ビジネスシーンで依頼する場面では、「 ご検討のほどよろしくお願いいたします」という言い回しを使用します。 砕いていうならば「非常にありがたい」や「この上もない幸せ」という感じですね。

Next

お願いのフレーズ

ただ、より堅苦しいというかビジネス文書や手紙むけというか・・・ カチッとした表現は「幸甚(こうじん)」のほうです。 「幸いです」は、「 〜してくれたら嬉しいです」という意味で使用されるお願いする場面で使用する言葉です。 より丁寧な表現をしたいのなら「幸いに存じます」 今回は「いただけると幸いです」という表現についてまとめました。 さらに、「幸い」という言葉でさらに 丁寧な表現をしているのが「ご検討いただけると幸いです」というような言い回しになります。 参考資料を添付いたしましたので、ご検討いただければ幸いです」 「いつもお世話になっております。

Next