グラブル ティーカップ。 「クルーガーハーブ」「修行者の覚書」の入手先と効率の良い集め方+ドロップ調査(グラブル攻略)

第67話【グラブルの作りし物】

メインクエスト 108章 エピソード3 サラーサがいればグラゼロでワンパン出来るほど敵のHPが低い。 クエストのバトルで入手できるアイテムですが、ドロップ確率がかなり低いので、 蒼光の輝石との交換で手に入れた方がはるかに楽です。 「うぐぐぐぐぅぅ……」 「さあ、早く出て!」 「はい……」 俺が牢獄から出ると扉が閉められた。 コロッサスのマグナアニマ• トキシックフラワー• リヴァイアサンのマグナアニマ• 何かの魔法のようだ。 また、アストラは ステージ9のボス アーカルムシリーズ からもドロップします。 この2種トレジャーを集めるのであれば、現状はこのクエスト一択でしょう。

Next

シュテルケ島

オルディネシュタイン• その酒場とは冒険者ギルドの酒場だ。 ただ、めちゃくちゃドロップ率が低く、N武器しか取得しないことがほとんどでした。 この硬さで確定ドロップではないなら、トレジャー集めで周回する必要はないでしょう。 ですが、蒼光の輝石で交換するのはやめておいた方が良いでしょう。 埃まみれの書物、割れたティーカップとも銀箱からドロップ。

Next

【グラブル】「割れたティーカップ」集めに効率の良いフリクエ【ザ・タワー最終素材(ロベリア取得)/「チェイスシェル」素材】

目の前の光の扉がゆっくりと開いて行く。 だけどドロップ率が良く無いので、蒼光の輝石で交換してしまうのが良い なので 交換してきます。 創樹の花蕾• 埃まみれの書物、割れたティーカップの使い道は? トレジャー名 使い道 埃まみれの書物• あの日の日中に、ウエイトレスをやっていたのは、女装した俺とギルガメッシュだけだ。 サラーサがいればグラゼロでワンパン出来るほど敵のHPが低いので、後はトレハンや雫サポなどで出来るだけドロ率を上げれば1時間で数個は手に入ります。 欲しいアストラと同じ属性のアーカルムシリーズが出現しなければ 「星導の天球儀」を使ってボスを変更するのもオススメです。 実際に周回するとティーカップが7個入手後に1個「埃まみれの書物」を入手出来ました。

Next

【グラブル】蒼光の輝石と交換するならコレがおすすめ!107個から厳選!|スマホゲームアプリからSwitch・PS4まで様々なゲームの攻略やレビューをやります!

グラブルがティーポットからお茶を注ぐと、ティーカップに湯気が立っていた。 俺は小声で「アイテム鑑定」と呟いた。 ドロップ率は低め。 牢獄内にアンの小さな体が勢い良く吹っ飛んで行った。 グラブルがティーポットからお茶を注ぐと、ティーカップに湯気が立っていた。

Next

【グラブル】「割れたティーカップ」集めに効率の良いフリクエ【ザ・タワー最終素材(ロベリア取得)/「チェイスシェル」素材】

アンは壁に激突して後頭部を両手で押さえている。 それも早く言え! 「更にもう一つは呪いだ!」 「呪い?」 呪いに良い印象が無いのは、俺だけかな? 「盗んだ相手が下等な人間風情なら、念じるだけで呪い殺せるぞ!」 いーらーねー!! 三つ目の能力は、別に要らねえな! でも、この指輪は欲しいぞ!! 何としても欲しいぞ!! 「もしも、ウェイトレスの彼女を僕の元に連れてこれたら、この指輪をキミに報酬としてあげよう。 それぞれのバフは同時に二つ以上付与されることはない。 消去しても5ターン経過するまでモードは切り替わらない。 修行者の覚書• 碧空の結晶 碧空の結晶は、キャラの最終上限解放や、武器の上限解放、ジョブ専用武器に必要なアイテムです。 「埃まみれの書物」も落ちます。 アーカルム召喚石・タワー(ロベリア)の5凸素材(必要数:50個) 109章の埃まみれの書物、割れたティーカップ集めの効率は良い? トレジャー集めの効率は悪いです。

Next

【グラブル】「埃まみれの書物」集めについて。クエストで集めるならシュテルケ島のクエスト(108章)だけど入手率は低め。なので蒼光の輝石で交換も有り。とにかく風有利古戦場前にジャッジメントを仕上げたいところ。

【関連記事】. なんでこんな不便な機能をデフォルトでON状態にしてしまうのか…。 埃まみれの書物:14個(1回あたり1. 青い髪は少し眺めで艶がある。 シュテルケ島に関しては、賢者用のトレジャーを集める島の中で唯一トレジャーが2種しかありません。 これらのバフは各々解除条件が設定されているが、ディスペル系のアビリティや同様の効果を持つ奥義によって消去することも可能。 参考にしてください。 「今よ、今よ、今よー!!」 俺の横からアンが隙を突いて扉の外へ逃げ出そうとした。 青いバフアイコンの不生不滅バフが付与されるモードでは、通常攻撃を行わなくなる。

Next