コルセア マウス。 コルセアのゲーミングキーボードおすすめ8選:特徴と合わせて紹介

Gaming Mouse Pads

「STRAFE RGB」は安心の超重量! 本体重量1. マウス自体は悪くない。 プログラムできる6個の滑り止めGキーを備えており、ゲームに合わせて居んゲームマクロを割り当てできるのが魅力です。 1DPI刻みでの調整が可能な、PIXART PMW3391による高精度オプティカルセンサーを搭載、大きな手のひらにフィットする形状とパームグリップ、任意で設定可能な10個のプログラマブルボタン、カスタマイズ可能なRGBゾーンを備えています。 Medium 360mm x 300mm x 3mm 1• マウスに限らずハイスペックな製品が多く、 ゲーム用だけでなく普段使いに購入する人も多いです。 タップできるもくじ• グリップは、滑らかな肌触りのグリップ、滑り止め加工を施したグリップ、スカート形状のグリップ 滑り止め加工有り の3タイプで、左サイドボタンの下部をそっくり交換する形となり、本体とグリップはマグネット固定となっています! 基本性能として、最大16,000DPIのセンサーは1DPI刻みで調整可能で、マウス中央のボタンにより5つのDPIプロファイルをオンザフライで切り替え可能。 Corsair Gamingを展開するCorsairは,詳細な仕様をほとんど明らかにしていない。

Next

【楽天市場】Corsair IRONCLAW RGB WIRELESS 2.4GHzワイヤレス / Bluetooth 両対応 軽量 ゲーミングマウス # CH

44〜0. ドーターボードの上面(左)と底面(右)。 別売りのコルセア製ボードを合わせることで、膝のうえをゲーミング環境にすることもできます。 6回めから30回めの平均を取ってスコアとする 今回,比較対象としては冒頭にも登場してもらったRazer DeathAdder Eliteのほか,Logitech G(日本ではLogicool G)の「Pro Gaming Mouse」を用意したが, 表2のとおり,結果を並べてみると,GLAIVE RGBは競合製品と比べてやや遅い。 アングルスナップ無効時 アングルスナップ有効時 最後は,左右メインボタンの入力遅延検証だ。 Extended 930mm x 300mm x 3mm 1• 親指を少し立てる持ち方ゆえ,ねじりのある標準タイプがよいと思うが,滑り止め効果のあるラバー付きを好む人もいるのではないかと思う。 75N,0. X-Large 450mm x 400mm x 5mm 3• (実体験) ゲームメインで考えている方は、このキーキャップを使用してもOK。 最大トラッキング速度:未公開• プレイスタイルに合わせてカスタマイズすることにより、常に優れたゲーミングパフォーマンスを発揮します。

Next

ゲーミングマウスの人気おすすめメーカー5選とその特徴

N キーロールオーバーなどにも対応しているため、格闘ゲームやFPSといったものでも入力に対して高い精度で追従可能です。 0 H mm 本体重量 : 約130g [メーカー]コルセア Corsair [商品型番] CH-9317011-AP [バーコード] 0843591075930 [性能] Bluetooth [材質] Rubber [色] ブラック [性能] マクロ [性能] 高耐久 [用途] ゲーミング [対応] Windows [性能] ゲーム向け [性能] 光る [端子] USB A [性能] ワイヤレス [対応S] bluetooth ブルートゥース ブルーツース ワイヤレス コードレス 無線 [規格] USB2. ARTISAN製マウスパッドと組み合わせたときにスコア差が大きく,とくに高設定では「飛燕MID」で4Gamerが合格ラインとする2. Medium 360mm x 260mm x 6mm 1• この点については後段で少し語ってみたい。 ここで気付いた読者も多いと思うが,いわゆるボタンへの機能割り当てが,ここには存在しないのだ。 D2FC-F-7N(20M)だと押下圧が0. 僕の場合ですが、このキーボードのキートップはそこまで高いと感じないため、このリストレストは外して使っています。 フィット感が良く安定する形状 使いやすさからリピーターが多いメーカーでもあります。 やはり大きな違いは見られない 3200DPI設定時。 スイッチの詳細はほぼ不明といった感じだ 左右メインボタンを押す接触部には小さなプラ板が(左)。

Next

【NIGHTSWORD RGB】CORSAIRからG502そっくりな多ボタンゲーミングマウスが発売されたのでポチってみた!

(付けるとデスク上が狭くなってしまうのも一つの理由ですが。 これがあるおかげで、マウスなどのデバイスを「わざわざ離れた」PC本体に接続しなくてもいいようになるんです。 Extended 1• 400DPI設定時。 普段使いも重要視する方は付けない方が無難でしょう。 コルセアのキーボードの特徴 コルセアのキーボードは、基本ゲーマー向けに特化したデバイスがほとんど。

Next

Gaming Mouse Pads

メイン基板部のマザーボード メインボタン用のスイッチがオムロン スイッチアンドデバイス製の「D2FC-F-K(50M)」であることも確認できるが,このスイッチは5000万回の押下に堪えるとされるものだ。 ここでは「つまみ持ち」「つかみ持ち」「かぶせ持ち」という3つのおなじみの持ち方と,かぶせ持ちをベースに小指と薬指を立たせ,親指も少し立たせる「BRZRK持ち」の4種類でテストを行う。 総じて「ダメ」という評価しか下すことはできないだろう。 青色バックライトは幻想的でキレイ。 レイザー Razer 製品のゲーミングマウスの特徴を紹介します! カリフォルニアに本拠を置くゲーミングデバイス専門のメーカーです。

Next

Gaming Mouse Pads

バックライトは「Light Edge」に対応しており、ほぼ無限のカスタマイズができるのもポイント。 thumb gripを交換しさえすればどんな持ち方にも対応できるというのは大きなアドバンテージだろう。 信頼性に定評のあるオムロン製スイッチ• CUEで[パフォーマンス]ボタンを押した先に「アングルスナップ」のチェックボックスがあるため,ここではチェックを入れて有効化した状態と,外して無効化した状態の2パターンで,Windows標準の「ペイント」から線を引いたときの補正具合を見比べる。 同社の製品はオーバークロッカーやPC DIY愛好家、ゲーマーには欠かせないオーバークロッカー向けの非常に高性能なメモリや超高効率電源、その他PCにとって重要なシステムコンポーネントに特化しています。 4GHzワイヤレス SLIPSTREAM CORSAIR WIRELESS TECHNOLOGY Bluetooth R] 4. ボディには軽量かつ耐久性のあるアルミニウムを採用。 打鍵感(キータッチ)を楽しみたい人には向いていません。

Next

コルセアのゲーミングキーボードおすすめ8選:特徴と合わせて紹介

というか,本体側面から設置面に対して平行方向へ実測約4mm突き出たような格好になっている。 74Nで反力は0. 機能としては以下をご参照下さい。 取り外し可能な「リストレスト付き」 このキーボードには、簡単に付け外しが出来る「リストレスト」が付いてきます。 接続はUSB・Bluetoothのワイヤレスに対応。 x・7 重厚感のある筐体と,交換可能なサイドパネルがトピック グレイヴ(段平,幅広の刀)の名を冠するGLAIVE RGBは,右手用のマウスだ。

Next