コロナ予言漫画。 コロナウイルスはイルミナティカードで予知されていた【意味深】

「中止だ 中止」 漫画「AKIRA」は2020東京五輪の運命を予言したのか? 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。 は腐海を守り、死んだ後は腐海の菌糸の苗床となり、さらに腐を広げます。 そのうえで、 「同書が重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行後に執筆されたことを考えると、ブラウン氏の『予言』がまぐれ当たり以上のものだったのかどうかは定かではない」 と結論付けている。 むしろ、開催直前までそれほど盛り上がらず、復興などもっと他に金を使うべきだとか、戦時中のような過度なにつながるなんて反対の声があった。 正確に一致してるかは保証の限りではありませんので、そちらはご了承下さい。 インターネットではブラウン氏の予言のような人類滅亡説が数え切れないほど拡散し、新型コロナウイルス流行の不安を政治的混乱やオーストラリアの山火事、 アフリカを襲うバッタの大群などと結びつけて不安をあおる。 なにしろ、その最初の起爆剤だかなんだかの予定だったオリンピックがこれでは…… メタファーとしての予言が成就する可能性は高まる一方だろう。

Next

コロナウイルスはイルミナティカードで予知されていた【意味深】

シルビアさんの予言は当たるのか?? シルビア・ブラウンさんは予言の内容と同じくらいブッ飛んだ人だったらしい。 凄まじい爆発で巨大なクレーターができ、大半が水没してしまった東京は戦争が終わると、「ネオ東京」として復興の道を歩み出した。 タイミングだけで言うと、本当に最悪なタイミングですよね。 原作漫画版の『AKIRA』には、 予言的な箇所がいくつもあったからだ(88年のアニメ映画版にも同様のシーンはあったのだが、本来的なストーリー解釈という観点から、以下、この稿では特記なき場合はすべて漫画版について述べる)。 「武漢-400」の 致死率は100%(新型コロナは2%前後とされてます)• こちらは ペンタゴンのテロそのものです。 信じたくはありませんが…。 80年代の漫画「AKIRA」には、東京五輪が2020年に開催されることはもちろん、伝染病が蔓延することや、日本がWHOから問題視されることなど、今の日本の状況が描かれているとしか思えない描写がいくつもあるのだ。

Next

#私の不思議体験 おそるべき的中率、漫画「私が見た未来」の作者たつき諒先生の予言|BTTP|note

国外では感染者は100万人を越え、死者は6万人を越えています。 国が何かをするよりも本当に大事なのは国民一人一人の小さな行動の積み重ねでもあります。 すぐにでも、ポキポキ折れていきそうに思える。 — tsunoyayo tsunoyayo 消費増税に加え、今のコロナ禍で人々の生活不安がより一層増してくる気配で、今後の日本の状況がどうなるかとても心配です。 まず作品の中で一番の肝となる「腐海」、これが今で言う「新型コロナウイルス」に置き換えることができます。 画像に書かれた「30」の数字。 どれくらいこの「AKIRA」がスゴいのかというのは、日本でもおなじみのスティーブン・スピルバーグ監督が「こんな作品を作りたかった」などと絶賛し、グラミー賞常連の世界的ミュージシャン、カニエ・ウェストが「この映画は俺のクリエイティビティにもっとも影響を与えている」と発言していることからもわかっていただけるのではないか。

Next

1982年に武漢のコロナを予言した本とは?クーンツの小説「闇の眼」

メタファー(暗喩)として、とらえることも可能だ。 しかし前述のとおり、オリンピックどころか、 ネオ東京そのものが崩壊してしまう。 このことから、 今回のコロナ騒動は人為的なもので、研究所が起こした事故により漏れたのではないか、と言われています。 拡大を続ける「腐海」 「腐海」は拡大を続けていますが、本来の目的は世界を浄化すること。 治療が困難。 企業不祥事はもちろん、政治家の選挙戦略、芸能人の不倫ネタまで、あらゆる事象の背後にある「情報戦」を読み解く。

Next

新型コロナ蔓延・東京五輪延期を予言!?漫画「AKIRA」の“鳥肌シーン”

凄まじい爆発で巨大なクレーターができ、大半が水没してしまった東京は戦争が終わると、「ネオ東京」として復興の道を歩み出した。 噂や実際の新型コロナとの一致点と不一致点 噂や実際の新型コロナとの一致点と不一致点のポイントをまとめますが、私は英語力ゼロで、下記は不自然な日本語の自動翻訳を読んだだけの不確かな理解です。 と、これは僕が言っている嫌みではない。 「東京が壊滅してしまう」という予言だ。 舞台は、 2019年の「ネオ東京」。 日本の経済状況についての都市伝説 AKIRAの世界の中心となる「ネオ東京」は、非常に荒廃した社会であるといえる街です。

Next

新型コロナウイルスにまつわる5つの予言と噂、報道の矛盾を調べてみた|ソクラテスのつぶやき

重い精神疾患を患っていたという話もある。 舞台は、2019年の「ネオ東京」。 80年代の漫画「AKIRA」には、東京五輪が2020年に開催されることはもちろん、伝染病が蔓延することや、日本がWHOから問題視されることなど、今の日本の状況が描かれているとしか思えない描写がいくつもあるのだ。 ネオ東京は「新型爆弾」によって壊滅する では、『AKIRA』における重要な事象のいくつかをメタファーとして見立て、「オリンピックつながり」で現実世界と対比しながら観察していこう。 AKIRAが初めて連載されたのは、1982年で 戦後37年(終戦1945年)でした。 さて、そこで「AKIRA」のことをご存じのない方が次に気になるのが、「予言ってナニ?」ということだろう。

Next

1982年に武漢のコロナを予言した本とは?クーンツの小説「闇の眼」

東急文化会館は、およそ47年にわたって、あの地にあった。 あれほどの事故があっても「止まらない」のは、あれが「一発目」だったからだ。 さらに、漫画の中では「AKIRA」が覚醒した時、東京に再び大カタストロフィが起こるという話に…。 。 そうしたことから、「原子力」を想像する人も多くいるようです。

Next