暑い 日 が 続き ます が ご 自愛 ください。 挨拶文章を選ぶ

結びの挨拶(6月・水無月)

「季節柄、ご自愛ください」なら「このような季節ですから、ご自分の体を大切にしてください」という意味になりますし、「時節柄、ご自愛ください」なら、「こんな時代の季節ですから、ご自分の体を大切にしてください」という意味になります。 相手がちょっとした体調不良で休んだ場合は、「病気(怪我)の具合はいかがですか?」「その後の容態(具合)はいかがですか?」など状態をケースもあります。 これからも寒い日が続きますので、どうかご自愛ください• 下記に新居を構えましたので、 お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。 暑い中、ご苦労様でした。 どうぞご自愛ください。 」、「残暑厳しき折、どうぞご自愛ください」となります。 「ご自愛ください」の前に、時候を表す言葉を入れる。

Next

【季節別】「ご自愛ください」の意味と使い方|目上/年賀状

「ご自愛ください」とお手紙がきた場合、返信に「ご自愛ください」と返すのは、オウム返しのようになってしまいますよね。 例えば、• 「ご自愛」は元気な人に使う表現 相手が病気や怪我で体調を崩しているときに「自分の体を大切に」という意味で「ご自愛ください」と使いたくなってしまうかもしれません。 (1月)• ・時節柄、何卒ご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 これで「暑い日が続くので、体をいたわってあげてください」という、具体的な表現になります。 母子共に健康でございます。

Next

「どうぞご自愛ください」の使い方・例文・「どうか」との違い

この度、我が家に新しい家族が仲間入りしました。 いかがでしたでしょうか。 まだまだ暑い日が続きますので、夏バテなどなさいませんよう、お身体にはお気をつけください。 忙しいサラリーマンにとって外回りは炎天下の中厳しい時期ともなってきます。 暑中お見舞い申し上げます• 相手が病気や怪我をしていないか配慮する この言葉は、基本的には相手が元気 健康 であることが前提の言葉です。

Next

【季節別】「ご自愛ください」の意味と使い方|目上/年賀状

「ご自愛ください」は、 「〜なのでご自愛ください」「〜の折りご自愛ください」といった形で使います。 暑さ厳しき折、お体にはくれぐれもお気をつけ下さいますよう お願い申し上げます。 目上の人や上司はもちろん、誰か大切な人に送る際も、このように相手を気遣う気持ちが込められた言葉を用いるようにしましょう。 別れ際での一言 といったときにも使用することができます。 また、基本的には暦の上では春として認識されがちな3月に関しても、相手の住んでいる地域の気候や特に寒さの厳しいときであれば、違和感なく使える場合もあると思います。

Next

「ご自愛ください」の意味と正しい使い方は?ビジネス例文で解説

・朝晩日毎に冷え込んできました。 例) 私も風邪をひいて大変でした。 」と労いの言葉を入れてもいいでしょう。 このように、普段何気なく使っている言葉にも、漢字のミスが潜んでいます。 似たような言葉に「ご多幸をお祈りしています」という言葉がありますが、こちらは相手の幸せを願う言葉です。 明けましておめでとうございます• <暑中見舞い全文の例> ・暑中お見舞い申し上げます 厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 まだ当分暑さが続くかと思われますが、お体に十分お気をつけて、この夏を乗り切ってください。

Next

「季節柄」の意味・「時節柄」との違い・季節柄ご自愛ください

」 といった表現であれば、過剰にかしこまりすぎない表現にすることが出来ます。 ご健勝をお祈り申し上げます 「健勝」は、 「健康が優れていて健やかなこと」を意味しています。 夏の疲れが出やすい頃です、どうぞご自愛のうえお過ごし下さい• 「体調をくずされませんよう」といった言葉で使いがちな「崩」という漢字は、年賀状には使わないほうがいいのです。 暑中見舞いは年賀状と違い、暖かい時期に出しますので、「暑さ」という言葉を使えば、相手を思いやる素敵な文章になります。 普通の年賀状の文書を少し変えて、そこに「ご自愛ください」という言葉を加えれば、相手の体調を思いやる文章が書けます。 猛暑の折ですが、皆様におかれましては くれぐれもご自愛くださいませ。 この2つの言葉の違いはありませんが、「時節柄」という言葉の後には、相手を気遣う一文を添えるようにします。

Next

【季節別】「くれぐれもご自愛ください」の意味と使い方|目上

ゆっくりご静養ください。 上司 上司に対しても、手紙やメールの最後に「どうぞご自愛ください」が使えます。 使い方は、• 例として、「花冷えの季節、風邪など引かれませんよう、どうぞご自愛ください」、「陽春のみぎり、どうぞご自愛ください」、「何かと忙しい季節の変わり目かと存じますが、どうぞご自愛ください」などの文が挙げられます。 季節の言葉は、相手に届くと和むような内容が好ましいと言えます。 この酷暑を元気で乗り切れますよう心よりお祈り申し上げます。

Next