艦これ 龍田 ss。 【龍田・天龍】俺「俺が新しく着任した提督だ」【艦これSS】

【龍田・天龍】俺「俺が新しく着任した提督だ」【艦これSS】

よぉ暁、散歩か?」 暁「ううん、熊野さんに誘われて最上型の人達とお茶会するの」 提督「ほぅ、それはそれは。 背中にある感触。 くりくりくり、とツボに対して小さく指を動かす。 そうしてみても痛みの方が強い。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。 頭に食い込んだ重いものが落ちていくかのようだ。

Next

【多摩・龍田SS】提督「金庫って十回言わせてから」【艦これ】

手が離れると、俺は自身の両肩をその場で回した。 vip2ch. 783• そうか。 やわらかく形を変える度に、息を呑みそうになる。 お前に少し用があってな」 曙「でしょうね。 温かくて心地良い弾力のある良い枕だ。 いや、海軍と言うより艦娘提督という特殊な役職に限った話か。 それに俺だけじゃなくて姉二人が先になってんじゃねえか」 天龍「ちげえ!そういうこと言ってんじゃなくて同じ眼帯のくせに俺のこと裏切りやがってって話だ!」 木曾「それこそ俺が知るかよ!?」 天龍「うわあああああん!!俺は負けてねえかんなあああああ!!」 電「はわわわ!また天龍の木曾さんコンプレックスが発動したのです!」 暁「響!そっち抑えなさい!」ガシッ 響「了解」ガシッ 天龍「はーーーなーーーーせーーーー!!」ジタバタ 木曾「……もう行っていいか?これから中部海域攻略のためのミーティングなんだ」 雷「どうして同じ眼帯でこんなに違うのかしらねぇ……」ハァ 天龍「うああああああああああああああ!!!!」バタバタバタ 龍田「あれ~?みんなこんなところでどうしたの~?」 青葉「あっ、遠征部隊のみなさんご苦労さまです!成果はどうでしたか?」 暁「大成功よ!」ビシッ 響「ぶい」ビシッ 青葉「それは素晴らしい!」 雷「当然ね!」エッヘン 電「青葉さんに褒めて貰えると嬉しいのです」テレテレ 天龍「……おう、龍田に青葉か。

Next

【多摩・龍田SS】提督「金庫って十回言わせてから」【艦これ】

いつの間にか後ろに立っていた龍田が、俺の肩に両手を滑らせていた。 当初の順番は日付で分かります故、どうかご理解ください。 ……あれ? あれれれ? 「……龍田?」 「え、あの……な、なにをいわせようとしてるんですか~?」 もしかして、やり取りは全部聞こえてた訳じゃない……のか? 「いいから、ほら言ってみて」 「あぅあぅ……」 今にも湯気が上がる勢いで紅くなってしどろもどろになっている。 」 天龍「行けぇっ!!」 暁「くぅぅぅっ……ち、鎮守府で待ってるから!」 白露「気を付けて! 絶対に無事で戻ってきてね!」 ザァァァァッ…… グイッグイッ ギュッギュッ 天龍「まぁ外はこんなところで良いだろ。 つい うっかり手が滑ってしまうかも……。

Next

龍田「提督~」提督「なんだ?」龍田「好きよ~」

」 榛名「提督にお手間は取らせません。 愛宕「あらあら・・・・・・。 08 ID:mnepNzgr0 加賀「では次ですね……次が本番……」ブツブツ 翔鶴「大丈夫よ私、私はできる子……」ブツブツ 金剛「私が必ず最初デース……私が……」ブツブツ 足柄「くじ引きでくじを引く順番を決めるなんて、人が多いから大変ね」 瑞鶴「あの3人は他に比べて特に気合入り過ぎてる感じもするけど……」 足柄「提督の知らないとこでこんな事に」 瑞鶴「まさか本人も自分のことでこんなになるとは思ってないでしょうね」 足柄「あっ、始まるみたいね。 「逃げる? 俺がなんで龍田から逃げるんだ?」 心臓が早鐘の様に鳴っている。 そこ絶対指を入れていい場所じゃない!」 「ぜんぜん指、入っていかないものね~? 筋肉が完全に固まっちゃってるわぁ。 じゃあな」 提督「あっるぇー……? ウチの駆逐艦もしかしておかしい……?」 (第六の部屋の前) 提督「……いやいや、きっと曙は強がってただけで、実はあの後顔真っ赤だったんだ……。

Next

天龍「耳かきしてやる」 龍田「えっ?」【艦これ】 : 艦隊これくしょん SS

vip2ch. プルプルと震えて、これ以上前に進めない。 声量もない。 87 ID:2QQIba56O ーーーー ーークリスマス当日 龍田「ふ〜、やっと今日も終わったわぁ。 まるでおばさんみたいなこと言ってるのです」 響「電。 その瞬間、電気が走ったような痛みが背中を覆った。

Next

龍田「提督~」提督「なんだ?」龍田「好きよ~」

穏やかな夢の中に誘われているよう。 親指で円を描くように、ぐりぐりぐりと揉んでくれる。 任せておけ」 木曾「では失礼する」 俺「ああ。 つかどっからでてきてんのお前」 大淀「さっきから机の下に居ましたよ」 提督「まーじでー」 多摩「おかげさまで下品ないたずらの被害者になる可能性がなくなって万々歳にゃ」 大淀「ちなみに、誰にやるつもりなんです?」 提督「とりあえずは曙」 大淀「…………なぜ?」 提督「紅くなって何言わせようとしてんのよクソ提督! ってなるだろ?」 大淀「まぁ大体そんな感じのイメージですね」 多摩「目に浮かぶにゃ」 提督「で、股間だけどプークスクスってしたい」 大淀「趣味悪いですね」 多摩「というか股間も大概アカンワードにゃ」 提督「まーじでー?」 大淀「お互いの外見年齢で考えると……微妙な所ですね。 あー……、という声が口から勝手に漏れ出ていた。

Next

【艦これ】天龍「龍田を尾行するぜ」提督「おう」 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

俺がそう言うと、龍田はため息を吐きながら、俺の頬に親指を当てる。 こいっ。 「むしろ聞きたい。 そう言いながら身体を起こそうとしたが、思わぬ痛みに動きが止まる。 』って目だ) 提督「も、もちろん冗談に決まってるじゃないか。

Next