炭治郎 鬼 カナヲ。 【鬼滅の刃】炭治郎と栗花落カナヲがなんだかいい感じ!恋かしら?

栗花落カナヲは炭治郎のことが好きだ!!!【鬼滅の刃】

遊郭編 上弦の陸である・との戦いを終え、仲間達と共に蝶屋敷に戻った炭治郎は二ヶ月間の昏睡状態を経た後に意識を取り戻す。 新婚旅行は心優しい炭治郎がしないことを決めたのかもしれません。 彼は鬼舞辻無惨という悪を滅ぼすために戦っているのですが、立ち上がれば立ち上がるほど、家族や仲間などの大切な人を奪われています。 カナヲの行く末を危惧するしのぶに対して、カナエは銅貨を投げて決めればよいと暫定的な対処法を提案。 スポンサードリンク 炭治郎、カナヲと結婚! カナヲと付き合う炭治郎 美容院連れてくのもなぁ、と思って娘の前髪を切ったらまあ案の定ぱっつんになってしまったんだけど。 どうして誰も起こしてくれなかったんだろう~」ってのんびりしてるマイペースっぷりです。

Next

鬼滅の刃の炭治郎とカナヲは今後くっついてしまうのでしょうか?

無惨に惨殺されてしまった大切な家族の姿 炭治郎に 「血の匂いがするだろう?お前がやったのだ」と語り掛ける無惨。 そんな時間がしばらく過ぎていきます。 鬼舞辻無惨の血をたくさん持っているので、相当強い 彼は鬼として破格のスペックを持っている人材です。 カナヲと結婚する炭治郎 そしてついに炭治郎がプロポーズする時が訪れます。 胸ポケットから、しのぶに渡されていた薬を出し、割れていない、使えると確認します。

Next

【鬼滅の刃】栗花落カナヲは炭治郎の好みのタイプ!?魅力が分かる6つの知識!【鬼滅の刃】

この辺りはどうだったのでしょうか? 想像にすぎませんが、具体的に物語が描かれなくて正解だったのかもしれませんね。 あまりのショックに顔が青ざめる炭治郎。 3世代後に炭彦とカナタという兄弟が生まれたのでした。 善逸と禰豆子の子孫で、 長女の燈子と仲良し。 自分のすべてをかけて、血液も細胞もすべて注いで炭治郎を鬼の王にしようとしたのに、止められてしまう形に。 那田蜘蛛山編 に数えられるの一党が巣食う那田蜘蛛山にて、累との激闘を経て満身創痍の炭治郎は、鬼である妹・が、筋金入りの鬼殺隊士たちに容赦なく狙われるという状況にはじめて直面する。 「根本的な解決にならない」としのぶに怒られるも、鷹揚なカナエは「切っ掛けがあれば大丈夫」と返す。

Next

鬼滅の刃の炭治郎とカナヲは今後くっついてしまうのでしょうか?

だけでは留まらない…!! その声優さんの演技力に加えて、コイントスの音色が心地よく反響させる静寂さや、色合い綺麗な作画、動揺して振るえるカナヲの眼…そして何より演出。 これが何を意味するかはもう言うまでもないだろう。 軽く、出会ったときから最終決戦までの 炭治郎とカナヲの関係を振り返ってみます。 スパッとプロポーズを切り出す炭治郎。 無限の命なんて少しも欲しくない」 みんなのところへ帰りたい……… 炭治郎の頭上に広がる藤の花から、現世で待っている隊士たちの手が差し伸べられます! その中には善逸・伊之助・義勇の手も! 炭治郎戻ってくるんだ! 禰豆子ちゃんを泣かせないで! もう帰ろう、お兄ちゃん…… 仲間たちとの絆を感じる炭治郎。 運が悪いことに炭治郎は、禰豆子(=人間)の血を吸収してしまったため、人間の血の美味さを知ってしまいます。

Next

鬼滅の刃最終回・炭治郎のその後はカナヲと結婚しなかった可能性も

カナヲは吐血し地面に倒れこみます。 以前描かれた4コマでは、弟達に好みの女性を分かりやすく伝えようとした結果、 鈴蘭や柴犬みたいな人という、配慮が裏目に出た混乱するような回答をしています。 炭治郎に託した「鬼の王になってほしい」という想いは、そう諦めることができません。 無惨は炭治郎に対し嘘を言い始めます。 「起きてるよぅー」って鼻提灯出しながら言ったり、起きても「わあ、遅刻だあ。 炭治郎とカナヲは夫婦となり、炭治郎たちが過ごしたあの家で幸せに暮らしていると想像できますね。

Next

【鬼滅の刃】炭治郎は最終回のその後、カナヲと結婚!?子孫は竈門炭彦とカナタ!(ネタバレ注意)

そして徐々に心を開いてきたカナヲとの会話がとても楽しくなってきた炭治郎。 つい数時間前まで死闘を繰り広げていた相手なのに捉え方が変わり、完全に我が物にしたいのか、炭治郎を鬼の王にすべく無惨は躍起になっていました。 「どうでもいいことなんてないと思うよ」と。 この様子を見ていた禰豆子は「カナヲちゃん!」と叫び、炭治郎の鼓動がドクン……と大きく脈打ちます。 彼女が兄を庇う姿は、本作第一話を連想してしまいます。 炭治郎は眠ってはいますが、何とか意識を取り戻すことには成功していました。 栗花落カナヲってどんな人なの? 栗花落カナヲは蟲柱・胡蝶しのぶの継子(つぐこ)です。

Next