怖い 話 長編。 【厳選】怖い話【長編】

中編の怖い話一覧

(来た時は 、ドアは閉まっていたから。 「おいS、出てこいよ。 こっちにゆっくり這い寄って来る。 彼は子供達の部屋を訪ねてみるが、あるおかしな点に気づくのだった。 「あの! 誰かいらっしゃいませんか!」 大声をあげてみたけれど、返事はない。

Next

【厳選】怖い話【長編】

そういえば、こんな話を聞いたことがある。 で、そいつらの中で、一人が突然変になって、崖から飛ぼうとしたんだとよ。 「やだ!なんで!?何やってんのあの子!?」 D子が涙目になりながら叫びます。 あの時と同じ姿で、女は白い着物を着て、すらっとした背筋をピンと立て、テーブルの上できちんと正座し、その後姿だけを私に見せていました。 鍵を閉めようと、腕を伸ばした瞬間、男が窓を開けた。

Next

【厳選】怖い話【長編】

視線が部屋を一回転したところで動きは止まった。 ……なあ、もうちょっと粘ってみようぜ」 「一人で粘っとけよ」 「冷たいこと言うなよSー。 そういう考えがあったのだ。 おかえり。 「首吊りだってよ。 二階建の家ですが窓まで昇れそうになかったので、 中に入るには一階のガラス戸を割って入るしかありませんでした。

Next

長編

いったいどこを走っているのか、まったく検討もつかない。 お金を入れて、震える指で慎重に番号を押していきました。 「……私は、死んだのでしょうか」 私はずっと気がかりだったことを口にした。 すると、そこには25~6歳位の グレーのトレーナーを着た男が立っていた。 胴体から得たいの知れない臓物が垂れ流され、這いずった床は汚く変色した。 「ま、他の噂だと、崖の下に何人も人が見えるだとか、手が伸びてくるだとか……」 言いながら、Kがガードレールをまたぐ。

Next

中編の怖い話一覧

でも、外させてもらうよ」 そういって取り外そうとした私の手を、少女が掴んで止めた。 どちらも怖くて禍々しいのです。 私の目の前に【ねじりお】の顔が来た。 ... これは名前なのか? 予想とだいぶかけ離れた名前に驚いたが、 とにかく家に帰りたかった私は部屋に一つだけあるドアに向かった。 しかし仕事柄、中々女性と出会えず、彼女がいないのが悩みであった。

Next

中編の怖い話一覧

俺の車で帰るかここに残るかはお前ら次第だ」 そういって、Sはトイレから出て行こうとした。 よく見ると、両手には鈍器のようなものが握られている。 「なあ。 それに呼応するかのように、車外で異変が起こる。 私は少し考えて、そこが私が出発した駅の名前であることを思い出した。 そういえば、私は切符を持っていなかった。

Next

怖い話<実話・怪談・短編・長編・不思議・猫他>|人から聞いた怖い話

間違いない。 私は全身の血という血が、一気に凍りついたような気がしました。 ひととおり説明し終えると、一番の疑問である 「空き家に何があるのか」という話題になりました。 誰そ彼というわけである。 3,602• 振り返る。 石段からの光景はとても美しかった。 逆に引っ張り込まれてたかもな」 何気ない口調で、Sは恐ろしいことを言う。

Next

怖い話<実話・怪談・短編・長編・不思議・猫他>|人から聞いた怖い話

「やばいからやめろって!気持ち悪いし絶対何かあるだろ!」 「そうだよ、やめなよ!」 どう考えても異様としか思えないその光景に恐怖を感じ、ひとまずみんな居間に引っ込みます。 『ガサガサ。 これ以上アレの事を考えていると気が狂ってしまいそうだったのです。 そりゃお前……」 とKが何か言おうとしていた、その口が止まる。 もしかすると、私はあの電車に乗っている間に事故に遭い、死んでしまったのではないか。 ここでは永遠に逢魔が時なのだ。

Next