エクセル プルダウン 編集。 エクセルのプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を追加する|Office Hack

エクセルでドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成するを設定する(入力規則):Excel基本講座

まず、C2のセルにプルダウンリストを設定します。 入力値の種類で「リスト」を選択します。 スポンサードリンク |||データの入力規則でプルダウン ドロップダウンリスト を作成する. 定義された名前を使ったプルダウンリストでは、定義したセル範囲の中に空白 空欄 がないことに注意してください。 プルダウンリストの設定をコピー これでプルダウンリストの連動が完成しました。 ボタンの大きさの変更 そしてボタンの大きさの変更です。 入力規則を設定することで、不正なデータが入力されることを防いだり、ユーザービリティを向上させることができます。

Next

Excel(エクセル)プルダウンリストの設定・編集方法|カノイの雑記

『担当者』が『岡田』であるデータの抽出が再適用され、14行目のデータが非表示になりました。 A2セルで「パソコン」を選択したら、B2セルでは「デスクトップ」「ノート」が選択でき、 「プリンタ」を選択したら、B2セルでは「インクジェット」「レーザー」が選択できるようにします。 まず、プルダウンリストを設定したセル全体を選択状態にします。 プルダウンリストを活用して、より入力しやすくしておけば、ミスの防止や業務効率アップに繋がるでしょう。 Sheet1のB3セルに入力規則が設定され、ドロップダウンリストから選択して入力できるようになります。

Next

Excelでプルダウンを解除!ドロップダウンリストを解除する

A2セルでパソコンを選択• 「入力値の種類」で「リスト」を選択します。 プルダウンリスト以外の入力規則も合わせて一気に解除 プルダウンリストを解除したい範囲に、入力時メッセージや、など、プルダウンリスト以外の入力規則も設定されていて、それらも合わせて一気に解除したい場合、 プルダウンリストを解除したいセル範囲を。 • スポンサードリンク |||フィルター オートフィルター の使い方. あらかじめ設定したリストから選択して入力しますので、リスト外のデータの入力を制限したり、入力時の間違い 誤変換など を防ぐことが可能になります。 (1)マクロボタンの上で右クリックし、ボタンの角にカーソルを合わせる (2)左クリックを押しながら任意の大きさにし、その後離せば完了 1-3. 「データ」タブをクリックして選択する• 前回も紹介しましたが、「名前」機能の便利なところは、 タイトルの入力をすることなく勝手に名前をつけてくれるところです。 [データ]タブの[データの入力規則]を選択します。 ドロップダウンリスト プルダウンリスト に表示する値をセル範囲に入力しておく方法• 使っていると、時に配置していたマクロボタンの位置やサイズが変わってしまうことがありますが、その原因は「列や行の挿入」です。

Next

エクセル(Excel)で2つのプルダウンリストを連動しよう♩+INDIRECT関数

。 セル範囲A6:B6を選択し、名前ボックスに「品名」と入力します。 入力規則を設定するセルを選択します。 担当者一覧のセル範囲に名前をつけて、その名前をリスト入力の元の値に使用する。 従来と同じように リスト範囲に名前を定義しても、別シートのリストが利用できます。 これをクリックして、セルH2~H5を選択しましょう。

Next

Excelでプルダウンを解除!ドロップダウンリストを解除する

B2でエディターを選んだ場合 4. 表示されたボックス内のメニューから「設定」を選択し「入力値の種類」から「リスト」を選択し「元の値」ボックスを表示させます。 しかし例えば社員数が多い会社の全社員名など、選択肢が多い場合にはそこから目当ての社員名を探すだけで時間がかかってしまいます。 季節の変わり目は体調を崩しがちなので休養をしっかり取りましょう。 項目と項目の間は、 半角カンマで区切ってください。 元の値の欄にカーソルを表示して、Sheet2の B2:B9をマウスで選択すると、下図のように元の値に、Sheet2! おまけ:INDIRECT関数を使う理由 さて、これでプルダウンリストの連動はマスターしました。 シート2のB2:B9セルに入力しました。 データ表から特定の条件でデータを抽出します。

Next

エクセルのプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を追加する|Office Hack

毎週木曜日更新。 入力が完了したら「OK」をクリックすれば、入力規則設定の完了です。 そして、位置や大きさを変えないようにするには次のように行います。 マクロボタン作成・編集・削除の基本手順 では始めにマクロボタン作成・編集・削除の基本手順をみてみましょう。 プルダウンリストを解除したいセル範囲をドラッグして選択する• 入力規則のリストを使うと、いちいち「交通費」「食費」といった項目を入力しなくても、プルダウンから選ぶだけで入力することができます。 [データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]をクリックしてフィルターを解除します。 名前を付ける際、範囲の指定をOFFSET関数を使って指定する。

Next

Excel プルダウンの使い方!作成・編集・連動・解除 [エクセル(Excel)の使い方] All About

ドロップダウンリスト プルダウンリスト から選択するため、入力の間違いが少なくなります。 A2セルへ入力規則のリストが設定されました。 エクセルのプルダウンに項目を追加する方法 入力規則を修正するには、「データの入力規則」画面で項目の一覧を選択し直し、同じ規則のセルすべてに適用します。 「空白を無視する」にチェックが入っています。 入力規則のいろいろな使い方は も併せてご覧ください。

Next

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する|Office Hack

メニューから入力規則を選択する• エクセルに関する記事はこちら• Excel(エクセル)でドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成する方法 1:一からプルダウンリストを作成する 最も手軽で基本的なプルダウンリストの作成方法です。 H列の「担当者リスト」に「佐藤」を追加しましたが、これだけではリストに反映されません。 Excel(エクセル)のドロップダウンリスト(プルダウンリスト)をより活用するための応用操作2つ 1:書式設定をして閲覧しやすく整える 特定の項目の フォントを変更したりセルに色をつけたりすることで、データを把握しやすくなります。 [オプション]を選択して、Excelのオプションで[詳細設定]を選択して、タブの「オブジェクトの表示」で「すべて」にチェックを入れると表示されます。 [データ]タブの[データツール]グループの[データの入力規則]を実行します。 [担当者]の[ドロップダウン矢印]をクリックすると「抽出メニュー」が表示されます• [データの入力規則]ダイアログボックスを確認すると、[元の値]にセル参照が指定されていることが分かります。

Next