ミナ ペルホネン 代官山。 ミナ ペルホネン、代官山にインテリアが中心の新店舗「マテリアリ」

ミナ ペルホネンが、新業態店「マテリアリ」を代官山にオープン

、のテキスタイルメーカー「LIBERTY」2010秋冬コレクションにてデザインを発表。 出典: 出典: ヨリトさんはこの日は利用しなかったんですが、家と庭では日替わりのスープやおにぎりのランチ、サラダや肉、魚料理などが楽しめるそうです。 2012年9月1日閲覧。 代官山ヒルサイドテラスの一角、大通りから一歩奥まったC棟のさらに奥に位置するショップの内装は、Luftの真喜志奈美さんと桶田千夏子さんがデザイン。 、「派生するデザイン」/ギャラリーB、• ブランド名は、デザイナーがスカンジナビアへの旅を重ねる中で、そのライフスタイルやカルチャーに共鳴するというフィンランドの言葉から取った。 、のテキスタイルメーカー「kvadrat(クヴァドラ)」よりデザイン生地が発表・発売される。 、に2店舗目となる直営店をオープン。

Next

ミナ ペルホネンの生地から食器まで揃う、「ミナ ペルホネンマテリアリ」へ

一方でヒルサイドパントリー側のエリアは矢羽柄のカーペットに、天井には銅板を使用するなど、対照的な内装となっている。 19:30) callに行ってきました。 ウェアでは素材を活かしたワンピースなど、またインテリア製品や食器なども人気。 フィンランド語で素材や材料を意味する「materiaali(マテリアリ)」の名を冠したこの新店は、同ブランドで初めてインテリアファブリックを軸としたショップに。 デザインがとても可愛いのでヨリトさんも大好きなブランドです! そんなミナペルホネンが2016年、青山に初のショップとカフェを併設した 「call 」をオープンしました。

Next

生地だけじゃない!ミナペルホネン マテリアリ

文化服装学院卒業後、95年に自身のブランド、「ミナ」を設立。 『葉山有樹作品集 A Pattern Odyssey 文様をめぐる450万年の旅』・共著、風濤社、2007年10月。 また、鞄、小物、インテリアなどの発表、海外の家具メーカーやデンマークKvadrat社、英国などテキスタイルメーカーとのコラボレーションやデザイン提供、の衣装デザインなど、幅広く活動している。 店舗には、ミナが初めて「食」を扱う、気持ちのよいカフェ「家と庭」も併設。 さらに、ここでは新作アイテムも発表。 ミナ ペルホネンのアイテムは、素材、加工、生地の感触、色使い、プリントなどさまざまな点で不思議な「優しさ」を感じさせる。

Next

ミナ ペルホネンの「素材」を売る店が、代官山にできました。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

。 時代 の印象深かった思い出は、II部在学中に参加した。 先日オープンした金沢店は日本家屋を利用し、表参道の〈call〉はテキスタイルパターンで彩ったドームをカフェの天井に作るなど、店のコンセプトに合わせた空間作りも注目を集めるミナ ペルホネン。 と今更後悔。 単一の木材と真鍮だけで作られた、直線的で潔い空間の中心には、布を裁つ作業台が据えられている。 引用元:ミナペルホネン公式HP デザイナーの皆川明氏が1995年に設立したファッションブランドなんですが、洋服はもちろんのこと、ファブリックスや食器など様々なアイテムを展開しています。 靴を脱いで入るスタイルの店舗なので、今までにないリラックス空間でショッピングが楽しめそうだ。

Next

生地だけじゃない!ミナペルホネン マテリアリ

」 場所:代官山蔦屋書店 2号館1F ギャラリースペース 会期:4月20日(水)〜5月8日(日) 問い合わせ:03ー3770ー2525 5月1日(日)には皆川明のトークイベントが開催予定. 国内外の生地産地と連携し、素材開発や技術開発にも精力的に取り組む。 このカップも人気で、店舗に在庫があるのはこの色と、イエローのみだそうです。 このほかヴィンテージの陶器なども一部販売。 生地は日本の職人の技術力の高さに注目。 (ミナ ペルホネン?)[特装版]』ミナ ペルホネン、、2011年7月。 、「TODAY'S ARCHIVES」/ SFTギャラリー、東京• 、「第24回」大賞受賞。 ずっと行ってみたかったcall に、ようやく行ってきたので、その感動をここでお伝えしまーす! 基本情報 call 住所:東京都港区南青山5-6-23(SPIRAL5階) 電話: 03-6825-3733 営業時間:11:00 — 20:00(カフェL. ミナ ペルホネンは日本のファッションブランド。

Next

ミナペルホネン : minä perhonen

店員さんに、おそるおそる声をかけて見たところ、 「他のお客様が写らなければ、店内はどこでも撮影OKですよ。 天気がよかったので自然光でショップ内がキラキラ眩しいくらいでした。 、卒業。 制服の制作も手掛けており、 、や新宿本店「Beauty Apothecary」のフロアスタッフユニフォームはミナペルホネンによるものである。 「このヒルサイドテラスには、もう何十年も続けられているお店がたくさんあります。

Next

皆川明

モリソン小林による鉄製の植物が生えた什器や、皆川氏と陶芸家の安藤雅信氏の共作によるタイル、アンティーク家具がアクセントとなり、広々とした試着室にはジャカードを織る時に使用する紋紙が壁に張られた。 ヨーロッパを旅をし、特にフィンランドなど、北欧のデザインやライフスタイルに興味を持つ。 、ホームランドリーで洗濯できるライン「ミナ ペルホネン ランドリー」スタート。 そして、一緒に年月をいい形で重ねていけるように、経年変化を楽しめる木の素材を選びました」. 経歴 [ ]• 本当はタンバリンのタイルもあったら良かったのだけど、生産が追い付かず、現在予約もできない状態みたいです。 実はこのマグカップ飲み口が楕円形になっているんですよー! こんな些細なところにもミナの遊び心が詰まっていてわくわくしますね。

Next