今年 の 12 月 23 日 は 祝日。 国民の祝日について

平成最後の天皇誕生日 2019年12月23日は祝日になるのか

5月1日に元号が令和に改められ、天皇陛下が上皇陛下に、皇太子殿下が天皇陛下となられ、今上天皇陛下(徳仁)のお誕生日が2月23日のため既に過ぎており、12月23日は天皇誕生日ではなくなったことから、今年は天皇誕生日を祝う国民の祝日が存在しないこととなりました。 」 を 「天皇誕生日 二月二十三日 天皇の誕生日を祝う。 — ぱきち perquish でも今上帝の『天皇誕生日』はクリスマスに近いので、ぶっちゃけ「休みが嬉しい」人も多そうな。 その後、明治天皇の誕生日に日本国憲法を交付して 「憲法記念日としよう」という動きがありましたが、これも天皇が権威を持つことを恐れるGHQによって却下されます。 しかし、即位するのは誕生日より後の5月1日であるため、2019年は例外的に天皇誕生日が無い年になる。 ちなみに2020年の「天皇誕生日」は2月23日が「祝日」になります。

Next

オリンピック延期で祝日はどうなるの?開催予定の来年の祝日はどう変わる? | monjiroBLOG

平成最後の「一般参賀」はこれまで以上の参賀者数に!? 春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。 (施行日:令和2年1月1日) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の特例について 令和2年(2020年)に限り、 「海の日」は 7月23日に、 「スポーツの日」は 7月24日に、 「山の日」は 8月10日になります。 上皇后陛下のお誕生日は12月23日で、平成の世となってから、毎年この日を天皇誕生日としてお祝いし、国民の祝日に指定されていました。 また、今上天皇の天皇誕生日である12月23日の今後ですが、今のところ別の祝日になるという情報はなく、平日となりそうです。 なお、2020年2月23日は日曜日のため、24日が振替休日の三連休となる。

Next

12月23日は祝日じゃなくなる? 歴代の天皇誕生日は今こうなっている。

第2条 「国民の祝日」を次のように定める。 2 上皇后に関しては、皇室典範に定める事項については、皇太后の例による。 国立天文台によると、1948年の祝日法制定以来、天皇誕生日が無い年は初めてだという。 、その場合は土日を含めると4月27日から5月6日までの10連休のゴールデンウィークが生まれることになる。 即位の日と皇太子のお誕生日、また2019年の祝日は? 皇位継承に伴い皇太子が天皇に即位される日が2019年5月1日、しかし、皇太子のお誕生日は2月23日のため、2019年の「天皇誕生日」という国民の祝日は存在しないことになります。 6 皇嗣職大夫は、国家公務員法第二条に規定する特別職とする。

Next

国民の祝日について

山の日 8月11日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。 なお、「平成最後の天皇誕生日」の一般参賀は以下の時間を予定している。 平成時代の年末も残すところあと僅か。 なので11月3日は、15年間祝日ではない時期があったんですね。

Next

祝日一覧_2020年_令和2年

2020年の祝・休日は以下の通り。 しかし、大正天皇の誕生日は 祝日になっていません。 (上皇に関する他の法令の適用) 第四条 上皇に関しては、次に掲げる事項については、天皇の例による。 まさに「平成最後」という訳ですね! それから、実は今までの一般参賀の日であるこの12月23日は当初、この日にするかどうか迷ったそうです。 Contents• — にゃがともよしえ nyagatomo 今年天皇誕生日の祝日がないっていう絶望的なニュースを聞いたんですけど…— ふろんとたいあ fr0ntt1re 天皇誕生日は別の名前に置き換えてもらえないかなぁー!あと6月にも祝日欲しい。 そして令和の時代では、徳仁さま(今上天皇陛下)の誕生日である 2月23日が天皇誕生日となります。 4 第三条第三項及び第十五条第四項の規定は、皇嗣職について準用する。

Next

12月23日、来年は祝日じゃなくなるの? 平成最後の天皇誕生日

2019年の皇位継承に伴い、天皇誕生日の祝日は2月23日となる。 しかし、明治天皇のように「大正天皇の誕生日を祝日にしよう」という流れにはならなかったため、 大正天皇の誕生日は平日のままとなっています。 (意見公募手続等の適用除外) 第八条 次に掲げる政令を定める行為については、行政手続法(平成五年法律第八十八号)第六章の規定は、適用しない。 「第1次、第2次大戦では中止となったが、五輪が延期されたことはない。 — TsubameSanjoJibasan TJibasan 平成の時代では、第125代天皇の明仁さま(現在の上皇陛下)の誕生日である 12月23日が天皇誕生日でした。 現陛下の誕生日の19年12月23日については、現在の内閣府の政令で「国民の祝日」とはせず、平日となっている。 皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするのかについては、国民各層の幅広い議論が必要だと思う」と、世間の動向を見ながら判断する考えを示した。

Next