世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ 全文。 “世界で一番貧しい大統領” と言われたホセ・ムヒカが教えてくれたこと

【感動】世界一貧しい大統領の感動のスピーチ全文!!

その逆です。 身なりをかまうことなく働くムヒカ大統領を、ウルグアイの人びとは親しみをこめて「ペペ」とよんでいます。 「お金」は何も生み出さないばかりか、 私たちから時間と体力を奪っていくだけです。 本当のリーダーとは多くの事柄を成し遂げる人ではなく自分をはるかに越えるような人材を残す人だと思うから。 自分も全く力にはならないけれど自分がいいと思う生き方をしていこう、と勇気づけられました。 でも、ウルグアイは世界で一番貧しい国ではありません。

Next

ホセ・ムヒカ

あれは間違いではなかったけど、賢い政策で対応したとは思うよ。 これからは、もっと謙虚な人間でありたいと心から思いました。 会場の空気を一瞬で変えるすばらしいスピーチをしたのは、南米小国ウルグアイの ホセ・ムヒカ(Jose Mujica)大統領です。 幸せになるためにこの地球にやってきたのです! 人生は短く、あっという間に過ぎてしまいます。 言い換えると、 転んでも転んでも、再び立ち上がって、挑戦し続けること、です。 スタッフが一行からプレゼントをいただきました。

Next

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

【初心者に最適】「世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉 」 僕が個人的に一番おすすめしたいのがこちら。 我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。 リオ会議では各国首脳が集まり、地球の未来を議論し合う場なのに、各国首脳は自分のスピーチを終わらせたら、一人一人と消えて行ってしまいました。 スピーチ内容全文 この場に出席されている世界各国の代表の皆さん。 ある日、日本人の子どもが試合に出ていてね。

Next

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』( くさばよしみ)の感想(124レビュー)

誰もがうっすら気づいているけれど、目を背けてしまいがちな地球環境、経済格差などの社会問題は、そもそも目先の発展や利益を求め続ける姿勢を見直さなければ、いつか行き詰まってしまうことでしょう。 」 「私たちは発展するために生まれてきたわけのではありません。 そんな会議も終わりに近づき、南米の国ウルグアイの番がやってきました。 みんなネクタイを締めて変装しなければならなくなった。 だから、人生を生きるために闘ってください。

Next

ホセ・ムヒカ

こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。 「唯一良い中毒は愛すること。 けれど世界で最もおいしい牛が1300万頭。 幸せになるためにこの地球にやってきたのです。 「本当に貧しい人とは、少ししか持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人だ」 6.大麻の生産・販売を合法化 世界で初めての合法化。 この映像についてムヒカは「戦車の前に立ってはいけない」とコメントしている。

Next

ムヒカさん映画公開記念 特設ページ

みなさんも何か見つけてみてはいかがですか?. 国土の90%が有効に使えるほど豊かな国なのです。 余裕のなかった私にとっては、こういった「小さな幸せ」を発見する作業が、少しずつ私の乾いた感性を潤してくれるようになりました。 そして市場経済は市場社会をつくりだし、それを世界規模に拡大してしまいました。 ありがとうございました。 そう、まるで素晴らしいものを味わうように、生きることにまっしぐらに ムヒカ前大統領が言う「時間」とは何でしょうか?それは他ならぬ私たち自身が生きているこの時間のこと。 そのきっかけとなるのがこの「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」であると思います。

Next

リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ:ムヒカ大統領のスピーチ (日本語版)

私の国には300万人ほどの国民しかいません。 ありがとうございました。 左から「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」の作者・中川学先生の描き下ろしイラスト、手芸作家・寺西恵里子先生作のムヒカさんマスコットとバッジ。 なぜなら、それらこそが一番大事な宝物なのですから。 私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。 しかし6時間労働の人は、その後もう一つの仕事をします。 ご招待いただいたブラジル国民、そしてに感謝いたします。

Next

世界一貧しい大統領のスピーチが心に沁みる!子供たちに伝えたいシンプルに暮らすことの大切さ [ママリ]

発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。 環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。 私たちは、等しく幸福になるために生まれてきたのです。 私たちは市場と競争社会から文明という落とし子を生み出し、物質面での驚異的な進歩をもたらしました。 だけど本当に日本人が幸せなのかは疑問です。

Next